修繕コラム大規模修繕に関する豆知識などをお届けします

意外と盲点⁉マンションの雨漏りに注意!

大規模修繕の豆知識 2022.07.24 (Sun) 更新

愛知県尾張地域のアパート&マンションのオーナー様へ

いつもお世話になっております。

アパート・マンション大規模修繕専門店 TB styleです。

雨漏りのイラスト

今回は「雨漏りの落とし穴」についてお話していきます。

皆様、今年は梅雨が明けても雨が多く、特殊な夏の始まりとなりました。

そこで気になるのがやはり「雨漏り」ではないでしょうか。

「屋根や屋上が損傷していると雨漏りがするかも」

これは皆様が思いつくことかと思います。

 

雨漏りなどの雨水の侵入は上から下方向のみだと思い込んでいらっしゃいませんか?

実は、そうではないのです。実際に、雨水が高所⇒低所の一方向ではなく、

低所⇒高所の通常考えられないような方向で雨水が内部に侵入し、

雨漏りが発生する可能性があります。それは「毛細管現象」と呼ばれ、

建物が経年劣化することによって発生するトラブルの一つになります。

下の図を見て頂いてもわかる通り、
隙間が細ければ細いほどより高所へと水が吸い上げられてしまうのです。

そのため、低所のひび割れ等からも雨漏りは十分に発生する可能性がありますので、雨漏りが発生して余計な費用が掛かってしまうまで劣化を放置せずに早めに対応を行っていただくことが重要になります。

意外と見落としてしまいがちな雨漏りの箇所なので、注意しておきましょう。

自分自身で見てもよく分からないという場合は、ぜひTB styleにご相談ください。

当店には「雨漏り診断士」の資格を持つプロが複数在籍しておりますので、

しっかりとプロの目線で診断いたします。こちらはもちろん無料です。

TBstyleでは、計画段階からアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

HPにない情報満載!カタログ資料ダウンロードはこちら

資料請求